ばね指

佐世保市 交通事故 枠.jpg
名称未設定-1.jpg

​■ばね指とは

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘と呼ばれるものです。弾発指とは、指の腱鞘が炎症をおこし、肥厚した部分に腱がひっかかり、無理に伸ばそうとするとバチンとバネのようになる症状です。
指の腱の線維は細かい線維が束になってできています。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。少しでも不調を感じた
方は、すぐに佐世保市の早岐にあるえびす鍼灸整骨院にお越しください。


 

​■ばね指の症状

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。少しでも不調を感じた方は、すぐに佐世保市の早岐にあるえびす鍼灸整骨院にお越しください。

■治療内容

治療は、痛みの程度やバネ指などの障害の程度により異なりますが、手の筋、腱に無理がかかっていますので、硬くなっている筋肉の硬結、腱の肥厚部分を探し、その部分をどんどん緩めていき、筋肉、腱の動きを改善していきます。
手や指に関連する筋肉、腱の調整は、超音波治療、鍼灸治療、テーピングでの治療で改善する事ができます。少しでも不調を感じた
方は、すぐに佐世保市の早岐にあるえびす鍼灸整骨院にお越しください。

こんな症状の方にオススメ 

  • 寝起きにこわばって、曲げる時に痛みが出ることがある

  • 指先を使う仕事が多く関節を酷使している

  • 曲げてから伸ばす時に引っかかってしまう​

  • 見た目が悪い

  • 物が握りづらい

​佐世保で痛みの根本治療を目指す整骨院!!

​早岐院 住所:長崎県佐世保市勝海町261-6

​大塔院 住所:長崎県佐世保市大塔町1730-15

​交通事故

えびす鍼灸整骨院| 佐世保市 | Mysiteebisuseikotu.com