四十肩・五十肩

佐世保市 交通事故 枠.jpg
名称未設定-1.jpg

​■四十肩・五十肩とは

一般に四十肩・五十肩とは手を後ろに回すなどの動作がしにくくなったり、一定以上に動かすと激痛が走るケースもあります。服の着替えも大変、痛みで夜も寝られないというケースもよくある、とてもツライ原因のはっきりしない肩周辺の疾患です。

正式名は肩関節周囲炎。字の如く、肩関節の周囲に起こる炎症のことを言います。元々は腕を挙げようとすると40度、50度ぐらいで痛みが出るあるいはそれ以上挙げられないというのが本来の意味です。決して40代、50代といった年をとった象徴という意味ではありません。

四十肩・五十肩は放置しておいても、半年から1年で自然におさまることもありますが、痛みの程度、可動域の制限、改善迄の期間は個人差が現れます。激痛で夜中に目が覚めたり、痛くて横に寝られない、座ったまま寝ている、腕が上がりにくいというツライ期間を経て痛みは収まったが手の上がりは一向に回復せず肩の動きは悪いまま固まってしまった、という場合もあります。

初期の段階なら、施術によって数回で改善することがほとんどです。四十肩・五十肩の痛みは、自然と治まる場合があると言っても、痛みそのものは四十肩の症状の一つでしかありません。痛みが治まる=四十肩・五十肩が治ったのではないのです。治療を行わずに痛みは自然に消えたとしても肩関節の可動域に制限が残ってしまうケースがよくあります。

更に、腕の上がり肩の動きだけでなく肘、手首の回転が上手く出来ていない、という患者様は多く見られます。痛みが消えたかだけでなく、肩が真上に上がるか、腕は耳までつくか、肩を回してもひっかかったり、ゴキゴキ音がしたり、ある角度は苦手、腕が重くなる、だるくなる、などの症状がないか確認するべきです。

なぜ、四十肩・五十肩の後に、動かせる範囲が制限されやすいかというと、五十肩の痛みをかばうことで、長期間にわたって肩関節を動かさない状態が続く為です。関節を長い期間、動かさないでいると、拘縮が発生します。関節の拘縮は関節包という所が、癒着してしまうことです。関節を長期間、十分に動かせないでいると、固まってくるだけでなく、筋肉はどんどん衰えていきます。

実際の患者様でも、肩や腕の筋肉が細くなってしまった方を何人も見ています。残念なことに、筋力を鍛えれば元に戻るというわけでもありません。長い期間動かしにくい関節の状態でいると、筋肉を正しく動かす能力自体が衰えてしまうことがあります。

​なるべく早い段階での治療をお勧め致します。

お身体に不調を感じたら、ぜひ佐世保市早岐のえびす鍼灸整骨院へお越しください。

■治療内容

四十肩五十肩の痛みは三つの時期に分かれます。
 

①痛みが強い時期(炎症期)

2~12週間程度

痛みが最も強い時期です。

②硬くなって痛みがある時期(拘縮期)

3~12ヶ月程度

拘縮が完成する時期
③徐々に動かして動きが良くなっていく時期(解氷期)

拘縮が次第になくなっていく時期
 

の3時期に分かれます。
 

今は現状でどの時期なのかということを把握し、患者様の状態にあった治療をすることが大切です。
①の時期

無理に動かさず、痛みが強い時には消炎鎮痛処置を行う必要があります。

鍼灸治療・手技療法・超音波治療を中心に行っていきます。


②可動域に応じた運動療法や、温熱療法を中心に行っていきます。
低下してしまった筋力を鍛えるために、EMS等を使って筋力強化にも努めていきます。


③自分で動かせれる範囲を増やしながら低下してしまった筋肉を強化する必要があります。EMSを使ったインナーマッスルを鍛えるトレーニングが一番有効的だと考えられます。

お身体に不調を感じたら、ぜひ佐世保市早岐のえびす鍼灸整骨院へお越しください。

こんな症状の方にオススメ 

  • 肩を動かすと激痛が走る。

  • 腕が上がらない。

  • 寝るとき右(左)半身を下にすると痛む。

  • 夜中に肩の痛みで目が覚めてしまう。

  • 病院で治療を受けているが、改善がみられない。

  • 戸棚の上に手が届かない。

  • 痛みで着替えをするのが苦痛。

  • 肩が痛くて上着を着れない。

​佐世保で痛みの根本治療を目指す整骨院!!

​早岐院 住所:長崎県佐世保市勝海町261-6

​大塔院 住所:長崎県佐世保市大塔町1730-15

​交通事故

えびす鍼灸整骨院| 佐世保市 | Mysiteebisuseikotu.com